投資信託を続けると危険な場合は?

リスクを減らす話を今までしてきましたが、投資信託が危険になる場合を紹介します。

こんにちは、cecilです。

今までは投資信託でリスクを減らす方法を紹介してきましたが投資信託を続けると危険になる場合を紹介したいと思います。

 

投資信託は続ければ続けるほどリスクが減るというのを話しました。

選んだ投資信託が正しければそれで大丈夫と話しましたが、正しかった投資信託が危険になる場合があります。

 

それは資金繰りがうまくいかなくなり、保有資産が著しく減った場合です。

終了する期間を定めていなかった投資信託でも資金がなくなると終了してしまう事があります。

終了するときの価格は0にはならないかもしれませんが最低価格になるのは間違いありません。

 

だいたいですが30億円を切ると終了の可能性があります。

なので積立投資をする際は資産額には注目しておきましょう。

 

特に、資産の流入額よりも流出額の方が上回ってきたときは危険です。

入ってくるお金よりも出ていくお金の方が多いのでそのまま資産が減っていくかもしれません。

 

株の売買についてはこちら

株の売買で儲ける

 

ありがとうございました。

広告